20代前半中間管理職系女子

嫌々ながらも抜擢された中間管理職をこなしつつ、日々色々思うことを書いていこうと思います。

好きなことを仕事にして良かったこと/悪かったこと

こんにちは、20代前半で中間管理職をやってる女子です。

 

私が嫌々ながらも中間管理職を続けられている大きな理由の一つとして、

自分の好きなことを仕事に出来ているということが挙げられます。

 

……管理職の業務については、正直向いてないなぁと思う日々なのですが、実作業として担当している仕事は、昔から憧れていてずっとやりたかった仕事なのです。

身バレの危険性がある為詳しくは書けませんが、中小企業ながらも同じ業界内では知らない人は居ないぐらい有名な会社で、高校の頃ぐらいからこの会社で働きたいと思い始め、就活時にもこの会社一択のみで志望し(今思うと恐ろしいことをしていたなと思うのですが。笑)、まぁ奇跡的に見事に入社の夢を叶え、現在に至るというわけです。

 

なので働き始めの頃は本当に全てが楽しかったです。

研修期間中も、先輩や上司、社長をキラキラした瞳で見つめ、頂いたお言葉はヘドバンのように頷きながら吸収していきました。

今思うと、あの頃からの積極的な姿勢やもろもろの良い行いの積み重ねがあってしまったがために、後に管理職に抜擢されてしまったのだろうな…(苦笑)と思うのですが、そのくらい、自分の好きな仕事に就けたことが嬉しかったのです。

 

それはさておき、今日はそんな私の主観で「好きなこと(趣味)を仕事にして良かったこと/悪かったこと」について書いてみようと思います。

 

良かったこと

単純作業の繰り返しのような業務でも、「自分何してんだろ…」とならない。

だって、その作業自体が好きなのです。

学生の頃にずっと趣味で続いていたことを仕事に出来たので、それに没頭してお給料を貰えるなんていう、幸せで楽なものは無いなと思います。

逆に管理職になってから 全く興味のない誰にでもできるような雑用を任されたときは、「自分何してんだろ…」って思ってます。つらい。笑

 

プライベートの趣味の中でも仕事のスキルアップができる。

私の場合、仕事になってからもプライベートでも趣味を続けられています。

なので職場以外の場所でも、自分で趣味に興じることでスキルアップができちゃうのです。

それが私自身の強みでもあった為、同期の中でも一番最初に大きなプロジェクトを任せてもらえるようにもなりました。

管理職的な昇格は嫌だけど(笑)、実務面でこうして昇格できるのは嬉しく、やりがいを感じます。

 

共通の趣味を持っている友人たちに、自分の仕事の成果を自慢できる。

これ、モチベーションめっちゃ上がります。

今度発売の○○の仕事したよ~!と、たまに遊ぶときや同窓会のときなどに言えることが嬉しいです。

言わずもがなチェックしてくれている友人も居るので、周りの人にも恵まれているなぁとも感じます。

友人たち自身の周りの人たちにも、私のことを自慢してもらえるような存在でありたいなと思います。

 

悪かったこと

残業続きで疲れていると、趣味を楽しめなくなる。

これは、私特有のものかもしれませんが…。

自分の仕事でいっぱいいっぱいな精神のときには、どうしても趣味としては楽しめなくなります。

割り切れる精神の人なら大丈夫かもしれませんが、やはり巷でよく言われるそういう現象は無くはないです。

 

理解のない親戚に馬鹿にされる。

実際趣味のような仕事をしているので、そのやりがいや需要について理解出来ないご年配の親戚さん方からは、心無い言葉を掛けられたことがありました。

これはまぁ世代間の感覚の違いによるものなのかなとも思いますが、割と辛いです。

そんな親戚たちとはもうなるべく会わない、冠婚葬祭等で会ったとしても絡まれないようにしようと対策しています。笑

 

まとめ

良かったこと、悪かったことについては以上になります。

好きなことを仕事にしたいけど、どうしよう…?と迷っている人は、

その好きなことは、「消費者として好き」なのか、「作業として好き」なのか?と、自分に問いかけてみることをオススメします。

消費者として好きなだけなのであれば、その趣味を仕事にすることは絶対にオススメしません。

たぶんどんどん嫌になっていくだけだと思うので。

 

 

こうして書いてみて、私自身少し初心に還れました。

管理職は嫌で、辞めたくなる日もあるけど、せっかく学生の頃の自分が頑張って今の仕事に就けているので、もう少し頑張るかーと。笑

 

誰かの何かの参考にもなれば嬉しいです。